深夜特急 / 沢木耕太郎

a0087341_841265.jpg

椎名誠さんの本を読んで読みまくっていた春先、
とある営業先のお客さんと「椎名誠を読んでいる」と話をすることがあって、
「ああ、だったら沢木耕太郎を読んでみるといいよ」と、有名な本を薦められた。

私もひとりで宿をあらかじめ決めない旅は何度かした事があるので
存在は知っていたが、真面目に読んだ事がなかった。本が嫌いだったので。
素直にその帰り、駅前の本屋さんで沢木耕太郎さんの「深夜特急」を手に入れ
1巻から6巻までの文庫を3月から4月にかけて読んだ。

沢木さんの文章が好きになって、他にもっと読みたいと思った。
「深夜特急」を出す前に書いた本を中心に、神保町で集めた。
(すみません、また中古で)

a0087341_8461830.jpg

「地の漂流者たち」
「若き実力者たち」
「敗れざる者たち」
「王の闇」
「彼らの流儀」
そしてロバート・キャパについての文献の翻訳本「キャパ~その青春」
読んで読んで読みまくった。

90年代以降の著作も少しづつ読んでいる。

ただ単に「旅の本」だから、あの部長さんは私に沢木さんを
薦めてくださったみたいだけれど、私の人生はここでまた静かに大きく変わる事になる。

でも、おふたりの違いは、
佐野元春と小山卓治とか、
ブルース・スプリングスティーンとトム・ウェイツとか
似ていると言えば似ているのだろうけれど、「全然違う」んだ。
まだふたりの作家の著作をすべて読んだわけではないが、それだけは言える。

細々と続きます。
更新も写真もお休みが続いていますが、私は元気です。
Commented by yoshipass at 2015-08-25 21:10
元気に読書人でしたか。
沢木耕太郎いってますか。
そのあたりが一段落したら、藤原新也あたりどうですか?
印度放浪・西蔵放浪・印度行脚・東京漂流・アメリカン ルーレット・全東洋街道などなど。
今度会った時には本の話をしましょう(笑)
Commented by kouji_kotani at 2015-08-25 23:11
僕も大好きです。
一瞬の夏という作品があります。
とても面白いです。
一瞬の夏の事は
何かのおりに
思い返したりします。
Commented by hiromoga at 2015-08-26 14:44
「深夜特急」に反応してしましました。。。
誰かの旅に乗っかるというイマジネーションの旅もまた、
「本」当の旅だと思います。
Commented by readymade_ayu at 2015-08-29 00:08
>yoshipassさん、「元気に読書人」に少し笑いました。
次に私は冒険物とうつっていきました。
藤原新也さんは読んだことがありません。何しろもう何年も本を読んでいないので、
どれを読んだらいいとか系譜とかさっぱりわかりません。
読んでみますね。
コーヒーを飲みながら本の話をいたしましょうね。
Commented by readymade_ayu at 2015-08-29 00:09
>kouji_kotaniさんもお好きですよね、きっと。
「一瞬の夏」未読です。読んでみますね。
あまり90年代以降のものに興味がありませんでしたが、つい先日「イルカと墜落」を読んでおもしろかったです。
Commented by readymade_ayu at 2015-08-29 00:10
>hiromogaさん、お優しいお言葉ありがとうございます。
どんどん乗っかって行こうと思います!
by readymade_ayu | 2015-08-25 07:00 | Books | Comments(6)