さようなら、武蔵小山りゅえる 1

a0087341_130919.jpg

a0087341_1301710.jpg

この写真をアップするか迷った。
いつも撮っていた武蔵小山駅前の横丁りゅえるが
再開発のためにとうとう消滅した。

初めてカメラを手にして訪問したのが2006年秋。
そのころは駅前のバスターミナルを作る工事をしていたと思う。
なぜこの横丁がその時に無くならずに、
今まで健在だったのかが不思議なくらいかもしれない。
よくここまで残っていてくれたものだ。

これからアップする写真は、
そのほぼ最後の日、2015年9月22日のものです。
シルバーウィーク後に取り壊し作業が始まりました。
この写真をご覧になって「よし、オレも行ってみよう」と思っても
もう白い壁が張りめぐらされており、この小路を歩くことはできません。
それがアップを迷った理由です。

パルム商店街の一部も立ち退き、ここには
大きなタワー型マンションと施設が建設される予定です。
人口がそれで2000人増える見込みとのこと。

とある方にお聞きしましたが、パルム全体を長い年月をかけて
中野ブロードウェイのような、イタリアのアーケード街のような
1軒1軒が並ぶのではなく、ビル仕立ての商店街にする計画なのだそうです。

東急目黒線も現在の6両編成から8両編成に増強すべき計画中。
すでにこの武蔵小山駅は地下化に伴い8両が停まれる長さになっている。

言いたいことは山ほどある。
が、最後の武蔵小山りゅえるを細かくアップしていきます。

私の長い1日、
もしよろしければおつきあいください。
by readymade_ayu | 2016-02-05 07:00 | Tokyo | Comments(0)