バンコクの妻と娘 / 近藤紘一

a0087341_09484919.jpg



「サイゴンから来た妻と娘」続編です。

東京での生活も落ち着いたかな・・・と思いきや、
今度は近藤さんがバンコク駐在へ。奥様とご夫婦でバンコクへは向かい、
お嬢様は東京のフランス系学校に残す、残ると言う選択。

お嬢様はひとり東京に残ってがんばる、その後は自身の進路について悩み、
近藤さんとの手紙のやりとりにてお互い最良の方法を探す。当時はメールも無かったんだ。

その手紙の内容と、それに伴う近藤さんの取る行動や手配。
いわゆる日本語で言う「連れ子」であるお嬢様にこんなに愛情を注げる近藤さんは
とても素敵なパパでいい男だと思った。いや、こんな美しい奥様とお嬢様にならするか。
ううん、現代の日本で自分の子どもについてここまで真剣に向き合えるのか。
まだ自分の息子がそこまで大きくは無いのでわからないけれど、
自分も息子が帰路に立つ時に、一緒に行動できるようしようと思った。





by readymade_ayu | 2016-09-05 12:05 | Books | Comments(0)