ドルフィン・エクスプレス / 竹下文子(著)鈴木まもる(絵)

a0087341_09462582.jpg


私の中で竹下文子さんと鈴木まもるさんのコンビネーションは最強。

小さな子向け、小学生向けといろいろなおふたりの著作があるけれど、
「黒ねこサンゴロウ」シリーズが大好き。
サンゴロウに続きと言うか、サンゴロウの住む島が舞台で、違う主人公がいる物語があると知らなかった。
それがこの「ドルフィン・エクスプレス」シリーズ。

サンゴロウシリーズと同じで、「これほんとうに子どもの読む物語なの??」と思うくらい
子どもをひとりの人間としてとらえて、送り手から受け手(子ども)へ媚びない物語がここにある。

そこらへんの小説を読むよりおもしろいです。大人が読んでも。
サンゴロウシリーズを読んでから、こちらのドルフィンを読むほうがベターです。





Commented by yoshipass at 2017-04-26 20:30
ある方の計らいで・・・アユさんですが(笑)
舞い降りてきたこの本、最近取り掛かりました。
チビ助も夢中!
さて、どうなるんでしょうね(^_-)-☆
Commented by readymade_ayu at 2017-04-27 11:43
>yoshipassさん、ある方です。大人も夢中で読むし、泣けるし、共感できますし、しかもうらやましくなります!お楽しみくださいね。
by readymade_ayu | 2017-04-15 07:00 | Books | Comments(2)