<   2015年 12月 ( 29 )   > この月の画像一覧

COUNTDOWN JAPAN 15/16

a0087341_854539.jpg


今年もCOUNTDOWN JAPANへ行ってまいりました。
ただ、初めてチケットが先行でも一般でも取れないという苦悩を味わいまして
でもなんとか幕張の月と地球に降り立つことができました。

麗蘭
佐野元春&ザ・コヨーテバンド
サンボマスター
エレファントカシマシ

以上の4バンドを観てきました。
さすがに家族との年越しがあるため、その後は観ずに帰りましたが・・・
ドレスコーズが観たかったな。

麗蘭は初めてだったけれど、とても親しみやすく
さすがだな~って思いました。

コヨーテバンドは藤田顕さんのいる基本編成で
よいアッキー納めをすることができました。
深沼さんのライダースもカッコいいし、高桑さんの普段の衣装もバッチリだし
いつも見えない小松さんもよく見えた。渡辺シュンスケさんは
ななめ後ろから見る感じだったけれど、鍵盤がよく見えてよかった。
何より棟梁の用意したセットリストがたまらなかった。
コヨーテ万歳!!
・・・基本編成またよろしくお願いします。

サンボも初めてでしたが、人気の秘密がよくわかりました。
自分が中学生くらいにサンボがいてくれたら本当よかったのにと思った。

エレカシ、もう何も言えないくらい感動と笑いで満ちあふれていた。
昔から聴いているファンとしては、うなるセットリストでした。
アッキーのギタープレイを思い返そうとしても、
宮本さんのガニマタ開き両手開きポーズしか思い返せない自分がいます(笑)

最高のライブ納めでした!
チケットを取ってくれた友人に感謝です。
by readymade_ayu | 2015-12-31 23:59 | Music | Comments(0)

Goodbye 2015

a0087341_107461.jpg

エキサイトブログを先月から有料コースにして、
下の記事、小山卓治さんのライブレポで、
無料だったら画像容量制限1000MBを超えた。
有料コースに移行したかいがあります。

調子にのって、これからも街撮りだけではなく
まあいろいろアップしていきます。

ただ、できれば街撮りはもっとやりたい。
いちおう仕事も育児もしているので、なかなかね。
自由時間はライブ優先で、さらに撮影で出かけるね、ってのも気が引けるしね。
おっと、グチはこのへんで。

2016年はこの稚拙ブログ「Visitors」をはじめて10周年がくる。
この10年でネットをとりまく環境はまた進化したが、
人と人の関係は努力しないと希薄になりがちだ。

来年はもっとこの「Visitors」でやらかします。

それではみなさま、さらによいお年をお迎えください。
by readymade_ayu | 2015-12-31 10:00 | Life | Comments(2)

a0087341_917968.jpg

下の記事に書いた「廃道」に夢中で、ライブハウス外観のよい写真が撮れていなかった。

写真は四谷 Live House monoの面している四谷駅前の大通り。
きっとオリンピックの時は、パレードがここを通るだろう。


小山卓治さんの年末ライブ。
第一部は、SMILEYさんと小山さんの幻のユニット。

第二部は、Mercyさんと磯部舞子さんがサポートにはいるワンマンを基本に、
今年リリースされた3枚のシングルに携わった方々がゲストと言う形。

いろいろと書きたい事があるのだけれど、
今年リリースされたシングル5曲のほぼ完成形が観れてよかった。
特に大好きな「光が降る」は、ローリングビーンズで完成形を聴けてはいたが、
今日は120%完成版を聴けた。号泣。
河村博司さんのギターがドラマティック。

「ばあちゃんごめんね」「KISS」は、下北沢風知空知で、
磯部さんとの完成版を観ていたが今日はさらに沁みて、
何より「パパの叙事詩」が今年観た中で一番素直にポロポロ涙が出た。

5月の白浜久さんとのライブは行っていないので、
初めて白浜久さんとの完成形「ハヤブサよ」を聴けた。
途中に機材のトラブルがあったけれど、そんなのは気にしなかった。

補足で、10月の高田馬場LiveHouse monoで聴いた
Mercyさんが弾く「ハヤブサよ」も、とてもよかったです。

来年は新しいアルバムをリリースすると公約された。
ライブでしかやっていない他の「新曲」、
「美しい沈黙」と「2人のはるか」も演奏された。
この2曲もぜひ入れてほしい。
きっと次のアルバムの主人公たちも大好きになると思う。

2016年が楽しみだ。

小山卓治+Mercy/手首~DOWN



ところで、私の好きな「もしも、あの時」はドコいっちゃったんだろう。
ま、いっか。
by readymade_ayu | 2015-12-30 23:30 | Music | Comments(0)

Where the Streets Have No Name

a0087341_1134672.jpg

a0087341_1135680.jpg


今日、初めて知った言葉がある「廃道」。

「廃線」は調べたことがあるけれど、
調べてみたら「廃墟」と同じく「廃道」マニアがたくさんいる!
ただし、マニアが向かうのは山林やトンネル跡など廃墟と同じ考え方で、
今日わかったのは、再開発や区画整理で道がなくなってしまう事で、
なくなったらすぐ工事に入るのでマニアが散策するところではない。

もう誰も探さない道なのだ。

帰宅していろいろ調べてみたけれど、
この通りの「名前」はなかった。
新宿区の地図(紙のね)を読んでみようと思う。

今日は小山卓治さんの年末ライブへ行ったのだけれど、会場の
四谷Live House monoの場所を調べようとホームページを見ていたら
なんと本日が最終営業日で閉店になるとのこと。

こけらおとしってよく聞くけれど、営業日ラストって、これも初めて観た。

そのホームページに掲載されている道案内には、
「サブウェイと日高屋を通り過ぎ、セブンイレブンの地下」ってあって、
でも行ってみたらサブウェイは閉店しているし、セブンもない。ついでに並びのドトールも。
ライブハウスの入っているビルの後ろは空地になっていて、
そこには、この「名もなき通り」をつぶして敷地全部大きなビルが建つそうだ。

ライブよりもこの事がとても印象に残った。ライブレポートはまた違う日にまとめます。

「約束の地」なんて、オリンピックに向かう東京にあるのだろうか。

U2: Where The Streets Have No Name


by readymade_ayu | 2015-12-30 23:00 | Tokyo | Comments(6)

a0087341_13351257.jpg

a0087341_13352346.jpg

a0087341_13354288.jpg

a0087341_13355729.jpg

a0087341_1336716.jpg

a0087341_13361912.jpg


「スターウォーズ フォースの覚醒」を観てきました・・・・って、書きたいところですが、
息子と昨年に引き続き「妖怪ウォッチ」を観てきました!
昨年よりもストーリーが複雑、でも夢があって泣きどころがたくさんあって母は号泣してしまいました。

六本木ヒルズシネマでは、ストームトルーパーがお出迎えしてくれて、
トルーパー好きな息子と私はキャーキャー言いながら撮影しちゃいました。
あまりのうれしさに、いろんな角度から撮りました。

私、仕事で営業をやっているのですけれど、
ストームトルーパーが他人には思えないのです。
上の指示に従い、コツコツ任務をこなし、
あんなにたくさんの中から、上に抜きん出る事は無いにひとしいのにがんばっていると。
(エンパイア・ショック・トルーパーというエリートトルーパーはいますが)

さ、次は3月のドラえもんまで映画はおあずけかな。
観たい映画はたくさんあるのですけれど、なかなかね。
by readymade_ayu | 2015-12-29 23:00 | Life | Comments(2)

a0087341_22134287.jpg

深沼元昭さん(PLAGUES/GHEEE/Mellowhead)の半プラグドライブを観に行った。
「半プラグド」とは、造語で(半分アクースティック、半分エレクトロニック、
弾き語りではあるがアンプラグドではない、アンプラグドの進化版)で、
ご自身のオールキャリアから選曲された曲を、その半プラグドで披露してくれます。

説明はこのくらいで。

今回はサポートギターに藤田顕さん(PLECTRUM)の編成。
いや、もうサポートではない。
だって、ほぼどちらかがアク―スティックならどちらかがエレキ。
ふたりで「半プラグド」です(おふたりアクースティックな曲もあり)
しかし、アッキーって何でも弾けるんだなぁ・・・と、実感しました。
その3日前に観たコヨーテバンドとは違うキャラで演奏、ほんとうプロだな。

深沼さんも藤田さんもどちらも好きだから、どっちを見たらよいのか大変だった。

第一部で印象的だったのは、今年リリースされた「KANATA」から3曲続けての
「栞」「その予感」「残像の部屋」でした。

「栞」は、バンドサウンドよりも能動的で、それが功をなして歌詞の世界がジ~ンとせまりきた。
夏に息子と海に行った時に、水中メガネを頭にかけたまま潜って目が痛いと泣いていた息子を思い出した。
あまりに「栞」だったので、大笑いしていたら「おかあさん、ヒドい」と落ちこんでいたっけ。

「その予感」は、弾き終わったアッキーも「いい歌だなと思って」と、つぶやいた通り
ほんとうにいい歌だと思った。

「残像の部屋」は歌いながらエレキを弾くのは大変な曲なのに
深沼さんのチャレンジがひそかに更新された。

うぬぬ・・・24ビット音源USBメモリ、まだ売っているかな、って思った。

「ニューホライズン」アッキーのコーラスも素敵だった。

なぜだか自然に涙がこぼれたのは、「南ウィング」。
当時の事はよく知らないけれど、ソロMellowheadプロジェクトを
スタートされたころの深沼さんが見えたようだった。

第一部のラストは佐野元春さんのカヴァーで「ワイルド・ハーツ」
これもストリングスが入らないとキツい曲をわざわざ・・・。
お世辞ではなく、ご本人のヴァージョンよりも歌詞の主人公がリアルで素敵だった。


第ニ部は、プレイグスの「どうしようもない世界 寛容な僕ら」。
他のセットリストも含めて、プレイグスが観たくなってしまったではないか。

目玉はLove Psychedelicoのカヴァー「It's OK, I'm alright」
「フリーダム」とかにしておけば無難なものを、ここでも深沼さんの心意気で胸が熱くなった。
佐野さんもLove Psychedelicoさんも大好きなので、この選曲うれしかったな。

「トリシュナ」「Spin」「凱旋門」のプレイグス盛り上がり曲は
アッキーのエレキ担当がさらに盛り立てます。

アンコールは12弦ギターでの「シナモン・ホテル」・・・・だったのだけれど、
チューニングしていたら弦が1本切れてしまって、でもそのままプレイ。
レアな11弦ギターでの演奏。レアがさらにレアでオタク変態としては「うしし・・・」とほくそ笑んだわ。

「a phantom song」では、今度はアッキーのギターの調子がよくなく、
アレコレいじって、でもちゃんとアッキーのパートには間に合う、
そしてそれを気にせず(もちろん気づいているのだけれど歌に徹して)歌う深沼さん。

モアアンコールではご歓談もできないほどの2曲。

最後に勝手な想像だけれど、今回の半プラグドは、
佐野さんの35周年に参加しないアッキーのために(コヨーテファンのために)
それでなくても忙しい年末にアッキーと組んでくれた企画だと思う。
深沼さんは本当に優しい・・・(涙)

意識していらっしゃらないだろうけれど、佐野さんの35周年パンフレットについても
触れてくださって本当に優しい。気づかいこまやか過ぎ。

a0087341_22135293.jpg


来年の半プラグドも楽しみにしています。
そして2016年はもっと深沼さんライブを追いかけます。
by readymade_ayu | 2015-12-26 23:00 | Music | Comments(0)

a0087341_1258582.jpg


ちょっとアップするのが遅くなりました。
佐野元春さんの「クリスマス・タイム・イン・ブルー」がリリースされて今年で30周年だそうだ。
今年ももちろん聴いた。
六本木EXシアターでのロッキンクリスマスでも聴いた。
(このライブについては、また別に書きます)

レコードジャケットの中に入っているハートランドからの手紙に
こんなところがある。
「愛は、永遠で決して崩れることはない。
常に、あらゆるものに打ち勝って、つつましい」

当時はちんぷんかんぷんだったな!
まあ、今でもだけれどね。

佐野元春 Christmas time in blue(ライブ)
(おそらく髪形とステージセットから、Time Out!ツアーかな?)



佐野さんには、コヨーテバンドと録音したもうひとつのクリスマスソング
「みんなの願いかなう日まで」がある。
残念ながら、iTunesのみリリースです。
こちらも素敵な曲。私はどちらも好き。
クリスマスソングが2曲あるなんてすごい。

遠方に住む佐野元春ファンの友人へ、クリスマスカードを送るために
都心の大きな郵便局へ行った。
中におまけがはいっているから、82円で送れるかどうか確かめるためにも窓口に並んだ。
窓口は大混雑。

私の番が来て、82円で送れるかどうか、できれば絵柄のついたのが1枚だけ欲しいと申し出たところ、
局員のお兄さんが「これは・・・クリスマスカードですね?」と
赤いポインセチアの絵柄の記念切手を出してきてくれた。
そして丁寧に貼ってくれて「では、こちらでお出ししておきますね」と笑顔で返してくれた。
記念切手1枚買うのに嫌な顔をせず、笑顔で対応してくださったお兄さんに感謝。

郵便局を出る時にマフラーに顔をうずめながら自分も笑顔だった。
今年のクリスマス、一番クリスマスらしい事だったかもしれない。

友人から無事に24日にカードが届いたメールが来た。
by readymade_ayu | 2015-12-26 00:00 | Music | Comments(4)

横浜中華街 5

a0087341_9443890.jpg

a0087341_9444857.jpg

a0087341_9451265.jpg

a0087341_9452181.jpg


横浜中華街シリーズはこちらで完了です。
ひさしぶりの横浜、ずいぶんスッキリしてきたみたいだけど、
裏通りにはまだいろいろ待っていてくれていた。

James Taylor:Today Today Today


by readymade_ayu | 2015-12-25 07:00 | Kanagawa | Comments(0)

横浜中華街 4

a0087341_9374696.jpg

a0087341_9375548.jpg

a0087341_93867.jpg


どこが横浜中華街の写真なの?って言う写真を続けます。

↓ 今週の元春レイディオショーでかかっていた。
  Beck大好きなので本当にうれしかった。

Beck - Sexx Laws



ああ、Beckと結婚したかった!
by readymade_ayu | 2015-12-24 19:00 | Kanagawa | Comments(2)

横浜中華街 3

a0087341_9344541.jpg

a0087341_9345741.jpg


チャイナタウン~キャロル~ウイスキーコーク~雨のハイウェイ / 矢沢永吉


by readymade_ayu | 2015-12-24 07:00 | Kanagawa | Comments(2)