カテゴリ:Music( 99 )

赤羽の空 3

a0087341_08581941.jpg

a0087341_08582498.jpg

a0087341_08582766.jpg

a0087341_08582957.jpg

a0087341_08583313.jpg

a0087341_08583547.jpg

a0087341_08583894.jpg

a0087341_08584079.jpg

a0087341_08584201.jpg


赤羽台団地。
宮本さんが生まれ育って、さらに独り暮らしをしたのもわざわざこの同じ団地内のシングル向け住居だったとか。
今はオセロをひっくり返したように、新しい棟がたくさん建っています。
写真は旧い棟しか撮っていませんが、この旧い棟と新しい棟との対比もおもしろかったです。
(宮本さんが住んでいた棟はどちらも現存していません)

ここで遊んだり、歩いたり、青春していたんだなと思うと感動でした。
訪れた季節がそうさせたのか、なんだかゴッホの絵のようなのがまたね。

尚、1枚目、2枚目のスターハウスと言う形状は、団地マニアにはヨダレもの感極まる住宅形状なのです。
こんなところに住んでみたかったな。


帰りはもうひとつ宮本さんがよく行くとインタビューで話していた駅前の喫茶店へ行きましたが
とても混んでいたので、下の階にあるミスドで休憩して帰りました。

息子も意味はよくわからなくとも、私がうれしそうに歩いているのを見てうれしかったそうです。

















by readymade_ayu | 2018-11-20 07:00 | Music | Comments(0)

赤羽の空 2

a0087341_12525315.jpg

a0087341_12525684.jpg

a0087341_12532144.jpg

a0087341_12532339.jpg

a0087341_12525975.jpg


ここにエレファントカシマシのアルバム「東京の空」のライナーノーツがある。



 パリはシャンゼリゼ東京は赤羽のすずらん通り、と誰もが思い浮かべる、
かどうか俺は知らないが、東京の北の郊外に赤羽という町がある。
その赤羽のメインストリートをすずらん通りという。
今そのすずらん通りに面したある喫茶店で煙草を吸いながら午後のコーヒーを
いかにもうまそうに飲んでいる男がいた。
当年とって28、未だ成功も失敗も知らないこの世の半可通宮本浩次、
すなわち俺がその男よ。
 俺はレコーディングの全作業を昨日でちょうど終えていた。
久し振りに寛いだ気持ちで鼻歌さえ歌いながら街へ出た。
自分が当座の仕事を終えていたからであろう、
町全体どこかだらしのないしまりのないただれた感じされ漂い、
その時の俺の気分にぴったりだった!!
あなたは故郷の空をほのかに懐かしく、愛らしく感じる瞬間があるかもしれない。
俺の目に移った今日の赤羽の空は恰もそんなようなものだったのだろう。
 俺は歩みを進めた。
かくもちんけなこの街の風景を美しいものと感じながら歩く己の姿を自分ながら怪しみながら・・・。

 アルバムは完成した。
今あなたが手にしているこのCDがそれだ。題して「東京の空」。
このCDが一回でも多くあなたのプレイヤーに乗せられたら、どんなに素晴らしいだろう。
さあ、いよいよ本番だ。
俺たちの歌を聴いてくれ。ようこそ「東京の空」」の世界へ。

1994.3.22 赤羽にて 宮本浩次



・・・ファンでなくとも涙しませんか、この文章。
この文章を書いたのが、そして宮本さんが通っていたのが純喫茶デアーです。

ナポリタン美味しい。オムライスは今回はマイルド味と言う塩味にしました。
コーヒーもおいしかった。

「東京の空」はエピックからの実質的に最後のアルバムとなった。
それから1年弱くらいファンは静かに待っていた。
ある時、テレビドラマの主題歌に曲が起用された。
その後の快進撃はみなさんご存知の通り。

このアルバムとライナーノーツは、リリースされた時も感動したし、
数年経過して時あるごとに開く度に、私をまた感動させる。
宮本、今も私はたまにこのアルバムを聴いているよ。


このレコード会社は全アルバムのリマスター、ディスクでの再リリースをしてほしいなと
ひそかに願っている。




by readymade_ayu | 2018-11-19 07:00 | Music | Comments(0)

赤羽の空 1

a0087341_22342631.jpg

エレカシの「今宵の月のように」「俺たちの明日」が、
11月16日よりJR赤羽駅の湘南新宿ラインホーム5、6番線の発車メロディになりました。
ひさしぶりにエレカシゆかりの土地めぐり、そして赤羽団地のその後を確かめにと
いそいそと出かけました。

a0087341_22374501.jpg

a0087341_22375243.jpg

「浮世の夢」アルバムジャケット撮影地、赤羽駅前一番街です。


a0087341_22394567.jpg

メンバーがよく練習していた、そして宮本さんが小学生のころにピアノを習っていたのもここ?
赤羽のヤマハ音楽教室です。


a0087341_22394854.jpg


店内にはサイン色紙が・・・!
レジ前に飾ってあります。
(撮影はお店の許可をいただています)

ここで練習していたんだ、となりのマクドとか行っていたんだ、
とにかくココを歩いていたんだ~~と、しばしコーフン状態。


つづく









by readymade_ayu | 2018-11-18 07:00 | Music | Comments(0)

a0087341_09330022.jpg


新曲が聴けてとてもよかった。
壮大なのに近く、心のさざなみを揺らす。
ものすごい奥行き、かつ浸透、目をつむると情景の浮かぶ解像度だった。


そして、ヤンガーザンイエスタデーのネイビーバーガーがとても美味しかった。
息子とふたり分注文したのに、息子はバーガーが大きくて半分しか食べれず、
私は実質1個半をたいらげたのでした。

11月からなんちゃってグルテンフリーとなんちゃってベジタリアンをやっているので
胃がびっくりしているのがわかりましたが、たまにはよいでしょう。






by readymade_ayu | 2018-02-11 23:00 | Music | Comments(0)

a0087341_20450871.jpg

a0087341_20451195.jpg


坂本龍一「async」のリリースを記念し、2017年4月、ニューヨークのパーク・アベニュー・アーモリーで行われた限定ライブ。
その映像が『坂本龍一 PERFORMANCE IN NEW YORK:async』として日本最速上映されている。
しかも開期はどの会場でも約2週間ほどしかないみたい。
幸運にも2日目に恵比寿ガーデンシネマで観る(聴く)ことができました。

坂本龍一のファンでなくとも、音楽が好きな人だったら絶対に観てほしい。
私もできればもう一度観たいと思っています。








by readymade_ayu | 2018-02-05 19:00 | Music | Comments(0)

a0087341_08542039.jpg

a0087341_08543123.jpg

a0087341_08542754.jpg

a0087341_08542368.jpg

a0087341_08543399.jpg

a0087341_08543799.jpg


動物もいてミニ遊園地もあって、
本を読んだり折り紙ができるスペースもあって
とても楽しい空間です。

「北極探検」と「クックの航海」なんてひさしぶりに読んだな。




a0087341_09003410.jpg


帰りも井の頭線に乗って帰りましょう。










by readymade_ayu | 2018-01-09 07:00 | Music | Comments(0)

a0087341_08453962.jpg



Colors(カラーズ)/ Beck(ベック)
私のアイドルBeckの3年ぶりのアルバム。
ほんとうにカッコいい。何より音がよい。

1.Colors
2.7th Heaven
3.I’m So Free
4.Dear Life
5.No Distraction
6.Dreams
7.Wow
8.Up All Night
9.Square One
10.Fix Me

共同プロデューサーは、グレッグ・カースティン
(アデル、テイラー・スウィフト、シーア、リリー・アレン、リアム・ギャラガー)
ミックスは、サーバン・ゲニー(アデル、ブルーノ・マーズ、リンキン・パーク、レディー・ガガ)



a0087341_08454560.jpg

a0087341_08454853.jpg



邦楽部門では、The Life Romantic / PLECTRUM(プレクトラム)
プレクトラム13年ぶり(わ~お)のニューアルバム。
ピンクの似合うおふたり。

1.Tears For Beers
2.Stand By Me
3.Maybe Tomorrow
4.Suite Home
5.帰るの唄
6.Paint It Grey
7.Self Service
8.Hums
9.Burn To Shine
10.No Man Break

ちなみに、2017ライブベストアクトもプレクトラムの6月2日Club Que下北沢ワンマンツアーでした。
今、CDをあらためて見てみたらライブ会場でピック交換チケットが入っていたのに
当日持って行くのを忘れてしまっていた。とほほ。





by readymade_ayu | 2017-12-31 09:00 | Music | Comments(2)

a0087341_09122060.jpg



今年のライブ納めは小山卓治さんの年末ライブへ横須賀のヤンガー・ザン・イエスタデーへ。
「昨日より若く」なんて、還暦を迎えたのにめっちゃかっこいい小山さんにぴったりです。
そして小山さんにはこの会場がとってもあっている!と思います。
また横須賀へ歌いにきてほしいです。






by readymade_ayu | 2017-12-31 08:00 | Music | Comments(0)

a0087341_09000638.jpg


今年もカウントダウンジャパン17/18へ行ってきました。
私が参加したのは12月29日。

私のハーレム、佐野元春&The Coyote Bandのセットリストは、
空港待合室
優しい闇
La Vita e Bella
新しい雨
約束の橋
NEW AGE / Welcome To The Heartlandメドレー

今年は毎年行っている佐野さんのビルボードもコヨーテのロッキンクリスマスも行けず
泣きの半年を送っておりました。
でも、最後にコヨーテバンドのかっこいいステージが観れてよかったです。

ラストのメドレーでは「ひょええええ~~~」と言葉にならない感じでした。

また来年、幕張で。










by readymade_ayu | 2017-12-31 07:00 | Music | Comments(0)

a0087341_09141580.jpg

a0087341_09141990.jpg


グレン・グールド生誕85周年、カナダ建国150周年記念の今年、世界各地でグールドの企画展とコンサートが開催されています。
日本では坂本龍一がキュレーションとなって、青山一丁目の草月ホールとカナダ大使館にて
映画上映、トークセッション、ライブなど融合したイベント
Glenn Gould Gathering (グレン・グールド ギャザリング)が開催されました。

世界のサカモトを目の前に一瞬寝てしまいましたが(ここちよくて)
本物の坂本龍一を観ることができて心の底から感激しました。

フランチェスコ・トリスターノ、アルヴァ・ノト、クリスチャン・フェネス
このメンバーを一度にこのお値段で観れるなんて・・・。

詳細はまだ他の日程もあるので書きませんが、私は今までの人生でこのような素晴らしいライブを観たことがなかったです。
ふだん電子的な音楽はあまり聴かないのに、この方々の音楽はほんとうに好きだな~と思いました。




by readymade_ayu | 2017-12-17 09:00 | Music | Comments(0)