カテゴリ:Books( 66 )

a0087341_12130630.jpg


いわゆる児童書、ティーンズ向け小説の分野です。けれども大人も手に取ってほしい。

父親とふたり家族の主人公カリプソは本を読むのが好き。本を読むことがアイデンティティを保っているみたい。
特になかのよい友達も作らずにいたカリプソはある日、やはり本がすきなメイと友達になる。
同時進行でカリプソのおとうさんが抱えている気持ち、そこから派生する様々なことが浮き彫りになってくる。

おとうさんとの関係については、読み始めに少し心配した虐待などはなく、ただ無視の段階の初期症状がある。
編集者という職業上、家にいても食事は作らず家の掃除もしない。カリプソの服が足りないのも男親だからか気づかない。
でも、いいおとうさんになろうと努力してくれる・・・続かない。
メイとなかよくなればなるほど、メイの家族が絵に描いたような家族だからか、より一層内面は孤独を感じ、無理に明るくふるまう主人公。
でも最後は・・・。

メイとの関係については、やはり人は人に影響をされるし、それが一番の動力ではないかと感じた。

ストーリーに出てくるカリプソとメイが読んだ本についてメモを取っていたら、
巻末にはちゃんと出てきた本が紹介されていました。





by readymade_ayu | 2018-04-28 19:00 | Books | Comments(0)

a0087341_12003392.jpg

a0087341_12003740.jpg



家族の形はいろいろある。いきなり1ページ目がおとうさんひとりで子育てしている家族が登場。
法的パートナーを解消しても、それぞれ元夫と元妻が新たなパートナーと暮らすメゾネット、
もちろん子どもはどちらの部屋を行き来してもかまわない。
おとうさんの新しいパートナーは男の人で、ふたりで赤ちゃんを育てる家族。
・・・などなど。

正解はひとつではないし、どれも正解だと思う。

大人にも読んでほしい絵本が最近多くて、とてもうれしい事だと思っている。









by readymade_ayu | 2018-04-28 07:00 | Books | Comments(2)

a0087341_20102195.jpg


ごく最近、坂本龍一のファンになった私にとって、この本はとても楽しく、そして勉強になる本だった。

坂本龍一のことがわかるだけでなく、時代背景や著名人データなど一般的なことも学べる。

そのデータの著名人の曲や本を読んで追体験するだけで向こう1年くらいゆうに過ぎ去ってしまいそう。

好きになるととことんなので嬉しい悲鳴を上げています。





by readymade_ayu | 2018-03-20 07:00 | Books | Comments(0)

a0087341_20100548.jpg

a0087341_20100861.jpg



最高な絵本。

全編モノクロ。
最後まで読むと「さかさまにしよう」って。
えっ?本をさかさまにしていいの?
さかさまにした後の世界は「はあ~~~」っと驚愕のためいき。

仕掛け絵本というくくりには入れるのを拒みたい、芸術的な絵本です。






by readymade_ayu | 2018-03-04 23:00 | Books | Comments(0)

a0087341_19130159.jpg

a0087341_19130425.jpg


中国のお正月。
大都市ではなく地方のお正月を描いている。
1年に1度お正月だけお父さんが帰ってくる。
そのお正月はとても楽しく幸せな数日。

本を読むと世界のいろいろなことを知ることができる。

赤が効果的に使われている美しい絵本です。






by readymade_ayu | 2018-03-04 22:00 | Books | Comments(0)

a0087341_19050318.jpg

a0087341_19050793.jpg



最高。
カレーを学習できる図鑑。これは息子が見つけてきました。

私はただいまなんちゃってグルテンフリーをやっていますが、
自分で作るカレーは市販のカレールー(フレークタイプのやつ)が最高です。
ちなみに豚肉とじゃがいもは使いません。
鶏むね肉と玉ねぎと人参、大豆です。それににんにく、生姜かな。

豚肉のカレーが苦手なのと、じゃがいもは煮崩れるのでさけたい。
でもカレーうどんは豚肉のカレーのほうがおいしいよね。






by readymade_ayu | 2018-03-04 21:00 | Books | Comments(0)

a0087341_18592355.jpg


しゃっくりが止まらないがいこつ。

お水を飲んでも(しかも逆立ち!欧米ではそのように伝えられているらしい)
息を止めてみても治らない。
最後はおばけの友達が・・・。

そもそもがいこつなんだから、しゃっくりはあり得ないでしょう、とか
息を止めるなんてハテナ??ってツッコミはおいておいて、
楽しい時間をお過ごしください。




by readymade_ayu | 2018-03-04 20:00 | Books | Comments(0)

a0087341_18550390.jpg

a0087341_18550626.jpg


「あるあさ、おとこが おきたら、あたまが なかった。」
村上春樹的なオープニング。ほんとうに子どもの読む絵本なのかしら?
なんて思いながらドキドキ・・・。とても素敵な本でした。
大人にも読んでほしい絵本です。






by readymade_ayu | 2018-03-04 19:00 | Books | Comments(0)

a0087341_21035120.jpg

a0087341_21035575.jpg


子ども向けの絵本で食事を題材にしたものは数多いですが、
加藤さんの描く絵は私の好みです。

描かれているこのカレーライスにせよコロッケにせよ、
とてもリアル、かつ芸術として「これは絵だ」と感じさせる。

図書の読み聞かせボランティアで1年生と2年生に読んであげました。











by readymade_ayu | 2018-02-14 23:00 | Books | Comments(0)

a0087341_20504444.jpg

a0087341_20504957.jpg



世界各国のおばあちゃんに取材して、
お台所でそのおばあちゃまの人生を聞きながら、
その手から作られるお料理を紹介する。

簡単に説明するとこのような内容ですが、
とってもおもしろくて感動しました。

そして、そろそろ旅に出たいと考えだしました。
あれこれ頭の中で計画を立てながら、今日も私はお台所に立っています。






by readymade_ayu | 2018-02-14 21:00 | Books | Comments(0)